遭遇は捉え方やり方?

最近の話です。特殊されない為に話題はちょこっと暈してあります。
残余連絡を取らない知人からケータイへメールアドレスが届いていました。種目としては、「相変わらず前の恋人が好きで、そのニッチを閉じるために付き合おうと思っているそれぞれがいる。」はでした。
閉じるために誰かって付き合うというのは、はたして喜ばしいアイテムなのでしょうか。重要なのは彼が如何なるつもりでその「前の恋人」を好きなのか、だと思うのですが、彼としては「前の恋人はけんか別れで、いよいよ諦めてる。それでも馴染みとして仲良くしたい。」と言います。
それならば今恋人になろうという彼氏を「閉じる結果」では無く、「新しい巡り合い」として付き合うべきなのではと思い、彼にそう返しました。
ジスロマック通販購入 激安です
彼はそれで納得して、今お付き合いしている。
「閉じる」という動作自身、私は他人によっている気がして断じて有難いものではないと思います。ただしまた、大切なのは巡り合いの捉え方ではないかと思います。今回の主題も含めて、性別舞台原因なく、そういった意思が、私も彼とのコミュニケーションとして大切だと受取る事が出来ました。但し、けんか別れをした彼氏を依然として知人として仲良くしたいと思える彼の力も素晴らしいものだ。私なら、絶対に縁を切って掛かるだろうなと思うので…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です