借りた物覚え

ちょこっとこわい話です。
本人は借り受ける狙いもなく、借りた物覚えもないのに、負債ができていた、という方がいる。
よくあるような、負債の誓約方になって、、、に関してではありません。

その人、K君としますが、K君は移動をすることになりました。
独身ですが、移動をするなら初々しい家財道具が欲しいと思っていました。
次いで、仲間たちにあんな話をして、誰かが一助もしてくれないかと、期待していたようです。

「家財道具を注文しておいたよ」といったのは、K君の主人だ。
K君は、おそろしいヘルプをもらったつもりでいたのですが、恋人の方法は、あげた狙いは至ってなく、総計は届け出されたそうです。
大阪府で借金について相談

家財道具はほしいけど、自分で貰う狙いなど無く、誰かに支払って味わう狙いがなかなかアテが逸れてしまったわけです。
しかも、大分な額だったそうで、一回では払えないだろうからと、分けてもらって、半年経っても恋人に払い続けている。

じつは、妻はこれ以外にも恋人に料金を借りていて、出金は当分終わらない物体でした。
二人の間では、貸し借りが当たり前の誘因だったということです。
ですから貸す方も借り上げる方も、ちょっとセンスがマヒしていたのかも知れません。
とにかく貸し借りができるといった、、、、という怖い談話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です